貸主様はこちら

貸主様へのサービス

太陽土地建物は居ぬき物件の仲介を多く取り扱うイメージがありますが、住宅、テナントともに管理、空き室募集のお手伝い、
リノベーションやコンバージョン時のコンセプト作成のお手伝いも多く行っています。
創業当時から長年西宮に腰をすえてまいりました。
様々な物件の取り扱いから学んだ、豊富な実績や経験があります。貸主様に安心してご利用いただいております。
貸主様の大切な物件をお預かりいたします。

管理について

太陽土地建物では住宅とテナント双方の管理を行っています。主な管理内容は下記です。

【住宅】

◆共用掃除

◆入居者対応

◆空室募集及び退去立ち合い

◆空室修繕のご提案

◆建物の保守管理のご提案

◆コンセプト作成のお手伝い

◆火災保険のご提案

◆毎月の収支報告及び管理における定期報告

【テナント】

◆共用掃除

◆入居者対応

◆空室募集及び退去立ち合い

◆建物の保守管理のご提案

◆コンセプト作成のお手伝い

◆火災保険のご提案

◆毎月の収支報告及び管理における定期報告

テナント空室募集

住居とテナント募集には大きな違いがあります。それはどのような現状で募集するべきか。

居抜きとして物件化すべきか、スケルトン状態にすべきか、什器備品のみ撤去すべきなのか。
現入居さんが退去してから考えるのではなく、
解約通知が入った時、または賃貸中に私たちが貸主さんに、
どのように新しい借主さんを募るかのご提案することで、空室募集をスピーディーに解決することが可能です。
私たちの財産は借主さんの生の声と要望と経験です。
私たちが現場で経験し体験したことを基に、貸主さんに借主さんの今のニーズをしっかりお伝えさせて頂きます

空室募集事例1

飲食店の居抜き物件化することでスピーディーに成約。

フレンチ食堂が退去されるにあたって、原状復帰工事を貸主さんは借主さんに要望しました。
いわゆるスケルトン工事です。エアコン撤去、天井、造作壁、壁紙はもちろん、トイレや床においても撤去する事を意味しています。
解約明け渡し期日まで2ヶ月少ししかない中で、非常にひっ迫した空気が漂いました。フレンチ食堂さんからすると、お店を閉店するのに工事費用が発生する。また私たちからしても、このままスケルトン工事を行うことで、新借主さんのニーズに合わなくなる可能性ある。(※注1)
私たちがフレンチ食堂さんの物件確認を行ったときに、フレンチ食堂さんの内装が残ったままで借主さんに物件を引き継ぐことができると感じました。
そこで私たちは現場の状態が良いことを貸主さんに伝えるため現地にて打合せを重ねました。スケルトン工事をすることのメリットとデメリット、内装を残すという居抜き物件のメリット・デメリットをしっかり説明しました。

ただたんにそのまま残置するのではなく、
新借主さんが負う負担、特約条項、残置した内装の今後のこと、契約内容の変更に及ぶまでその場で、調整することが出来ました。
物件のマッチングにおいて借主さんの声・要望と貸主さんの声をしっかり反映させなければ、物件成約にはならなかった物件です。
当物件において、大事なポイントは貸主さんが物件の現状をよく把握し、居抜きとして内装等を残すべき物件だと判断して頂いたことです。
今ではピッツェリアとして生まれ変わり、街の明かりを灯しています。

注1・・・スケルトンにすることで、内装工事費用の見積もりや現場確認等多岐にわたる確認事項があるため、成約するまでに期間がかかるため。

コンセプト作成のお手伝い

これは共通する課題ですが、建物も古くなっていくにつれて、時代のニーズと離れていきます。
アンティークと呼び、不便さも味と借主さんが理解してくれるのかどうか。
それは貸主さんの建物のコンセプトと思いによるものだと思っています。
このコンセプトに共感する方々が内覧を行い、ご入居する。空室対策にも直結している大事なことだと思っています

私たちは400件以上のご出店に携わってきました。
その際の借主さんのお声を貸主さんへご提案し、求められる物件へと対応できると思っています。空室を無くし、人が出入りし、ひかりを灯すことが、その土地の上にある物件の町に対する義務であるとも思っています。

貸主様からのよくある質問

家主様Q&A

A:阪神間を中心にしておりますが、特に西宮、芦屋、東灘区に関してはお任せください。
実績が多数ございます。
また即時対応を心がけております。
対応スピードを重視し、家主様と借主様にご安心いただける対応を心がけております。

A:信頼を置いている弁護士、税理士、司法書士、工務店を私たちがコーディネーターとしてしっかりご紹介させて頂きます。深い知識、経験が解決には必要です。 問題解決に精通したエキスパートたちです。

A:企業に就業規則があるように、物件にも書面で分かりやすい約束事、ルールブックがあれば、お互い気持ちよく、賃借することが可能です。
例えば、当たり前かも分かりませんが、ゴミ出しのルール、共用部での会話や声量について、 水漏れがあった場合の緊急連絡先、賃貸借契約や火災保険の更新の方法等をあらかじめ理解していただくことで今後のトラブル抑止につながり、貸主・借主ともに良好な関係性が築けます。

A:限定された地域ですが、ニーズは駅やエリアによって変わります。
単身向きでも学生さんが多いのか、もしくは社会人・法人が多いのかを意識しニーズを捉えることで空室対策や内外装工事や設備等の投資すべき箇所や金額も大きく変わります。
例えば、よく行われているのは2DKを1LDKに間取り変更や無線インターネットの投入。
また住居タイプである1Rを事務所へとコンバージョンを行い、投資額の圧縮や賃料の増額に成功しました。
これは独立開業希望の方々のニーズやエリアの特徴を捉えることができたためです。物件には個性があり、ご提案方法も違ってきます。
お気軽にお問合せくださいませ。

A:入居者様とのコミュニケーション、現場確認・対応は双方同じですが、
テナント物件の解約時の原状復帰が住宅物件と違う点です。
借主様にスムーズにご退去して頂く事と同時に新借主様にスムーズにご入居して頂く事も必要です。スケルトンにすべきなのか、居抜きとして残置してもらうべきなのか。
今まで培ってきた400件以上の店舗仲介と借主様の生の声を基に、原状復帰箇所や賃料等の契約条件をご提案させて頂きます。
独立開業を希望される借主様の生の声が私たちの財産です。
オーナー様に還元し、充実した管理体制を整えます。

お気軽にお問い合わせください。